読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育資金の重さ

お金のこと

私の隣の席の男性は、恐妻家で、

奥さんネタで、みんなを笑わせてくれます。

たまには、笑えない話もあって場が凍り付いてしまうこともあるのですが・・・

 

その人は第2子が大学受験、第3子が高校受験で、とても大変そうです。

第1子は県外国立大学に在学中

夫婦ともに高校が最終学歴ということですが、

教育熱がすごくて、子供が小学生から3人とも塾通い

第2子は、県外私立大学に合格したので、皆で「おめでとう!」とお祝いです。

 

第1希望は惜しくもダメだったとのことですが、

なんか複雑な表情なので、理由を聞くと「学費が~」と悲鳴

大学名を聞いて、皆でネット検索すると、1年で200万円弱の授業料・・・

奨学金を申込み中とのことです。

看護系なので、就職はバッチリなのですが、

親戚の人からは、それなら県内に行けばよかったのにーと言われたとか。

県外に行きたいという本人の希望だそうです。

それから、第3子の大学卒業まで、貯金はおろか借金していくとのこと。

 

このままじゃ老後どうするんですか~?と聞くと、

本人もどうなるんだろう・・・と呟いてました。

お小遣いなどは、今も十分我慢していると思うのですが、

妻や娘にバカにされているというので、

課内の皆に同情されています。

ストレスが溜まってくると、ぼやいてます。

夫婦の喧嘩もお金絡みが多いそうです。

 

子供が進学したいというなら、進学させるのが親の務めだと思っていましたが、

なんか切ないです。

お父さんは大変です。。。

f:id:doranoradorami:20170303183135j:plain

 気楽なのはにゃんこだけ~